オフィス移転 コーディネートのプランニング仁

お問い合わせ

Tel.03-5842-1247

常に新しい発想と向上心で可能性をサポートします。 オフィス移転 office

オフィス移転 office

サービス概要

オフィス移転

Q
オフィス移転は通常どれくらいの期間が必要ですか?

A
物件の規模にもよりますが…
物件の規模にもよりますが、準備期間を含め物件選びから内装工事・引越し等を考えますと8ヶ月~1年ほど見ていただくことをお勧めいたします。 時期によってはなかなよい物件が見つからない場合もあり、内装工事なども平日に行えないケースも多く予定よりも日数がかかることが多いです。
また、ご移転先が決定している場合は3ヶ月~6ヶ月程度の期間となります。

Q
現在のオフィスはいつ頃解約すればよいですか?

A
契約内容に基づいた上で 
現在のご契約内容に基づいた上で解約手続きを行って頂く必要がありますが、一般的には3ヶ月から半年前に管理会社へ解約の予告を伝えておくとスムーズかと思います。ただ、あくまで一般的ですので必ず契約内容をご確認ください。

Q
移転するときにかかる費用はどれくらいですか?

A
ケースバイケースです。 

オフィス移転の場合、移転先の賃貸契約以外にも、内装工事や什器・OA機器の購入・引越し今のオフィスの原状回復や廃棄物処理など諸経費がかかり、案件によって異なります。


概算でお見積も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

科学研究機材メーカーさん

業種:メーカー、

目的:従業員以外の執務エリアへの入室を制限したい

所在地:東京

規模:30坪/14席

サービス内容:リニューアル工事

備考:レイアウトプラン作成

各社工程調整、不要什器回収、什器納品

Q
実際に改善されたところはありますか?

A
エントランスにローパーティションや打合せコーナーを設けたので執務エリアに取引先の方が入ってくる事はなくなりました。
また、オフィス全体が明るくなったので、作業効率が上がったように感じます。

オフィスをKAETAIと思っていませんか?

こんなことで困っていませんか?

□ 効率的なオフィスレイアウトにしたいと考えているけど・・・

□ オフィスを移転する予定だけど何をしたらいいのか解らない。

□ レイアウトのプランがまとまらない。

□ 工事コストをどう出せばいいのか解らない。

□ 工事を行うに当たって、連絡する業者が解らない。

□ 計画に対する、マスタースケジュール等が予測できない。

こんなことできます。

移転PM

オフィス移転に際しては、従業員の人数によって

それぞれにあった、計画を立てる必要があります。

いわゆるプロジェクトマネイジメントです。

オフィスデザイン、移転計画等お客様の業態、ニーズに合わせたオフィス移転を行うには、しっかりとした、マスタースケジュールを作成し、移転全体を管理する人材が必要です。

プランニング仁では全体をまとめられる人材を用意し、お客様のニーズにお応え致します。

レイアウト作成・提案

オフィスのリニューアルや移転を行う場合、重要になってくるのが、お客様にあったレイアウトを作成する事です。

奇抜なアイデアだけで、業務形態とあっていないレイアウトは

業務効率の低下を招きます。

当社ではお客様と入念な打ち合わせを行い、今後の展開も含めた、レイアウトを提案させて頂きます。

全体管理PM

オフィスのリニューアル工事や移転工事を行う際には、多くの工事業者が関わります。各工事業者を取りまとめ、見積依頼・集計、工事工程管理、予算管理等プロジェクトを完了するまでには、知識と労力が必要とされます。

プランニング仁では、工事内容にあったプロジェクトマネイジメントを行います。

工事工程管理

オフィスのリニューアル工事や移転工事を行う際の各業者の取りまとめと、工事工程作成と進捗管理を行います。

什器・備品提案

オフィスのレイアウトが決まり、什器や備品を新たに購入される場合、色使いや機能は業務の作業効率と深く関わってきます。

提案はもとより、現物をメーカーショールームで確認して頂き、お客さまに最適な商品を提案させて頂きます。

IT・インフラ提案

オフィス移転やリニューアルに際して、電話機・複合機・LAN等インフラ変更も検討されるケースも多いのではないかと思います。業務内容にあった提案をさせて頂きます。

内装・セキュリティ・耐震工事

オフィスのリニューアル工事や移転工事の内装工事全般・セキュリティ工事・什器備品耐震工事の提案と工事を行います。

什器施工・移転作業

オフィスのリニューアル工事や移転工事に伴う、什器組立工事や移転作業員・移転車両等を手配致します。

オフィス移転の流れ

    • 1.お問い合わせ

↓

    • 2.現状調査・移転先情報を含め打合せ

↓

    • 3.移転先レイアウト及び計画確定

↓

    • 4.各社見積提出・発注

↓

    • 5.発注内装工事・電気・電話・LAN工事(設備工事)※必要な場合

↓

    • 6.什器・備品設置工事・セキュリティ工事

↓

    • 7.引越し・不用品回収>

↓

  • 8.現状回復工事